het Labo atrium

het Labo atrium(ヘットラボ アトリエム)は、notiti(ノティティ)とhet klein kabinet(ヘットクレインキャビネット)が提案する「もの」「こと」を紹介するオルタナティヴスペースです。www.hetlaboatrium.info

het Labo atrium イメージ画像
現在ブログは更新お休みしております。

更新情報

作品のひとつ、オルゴールは不思議な音色を奏でます。それは雨の音のようでもあるのですが、静かな作品群のなかにあって、ますます静けさを強調するかのようです。オープニングでは、視聴覚作家の松本充明さんが、琵琶をもとにご自身で制作した楽器で即興演奏を見せてくださ
『音が話す』の画像

德田さんの漆芸は、一般的な漆のイメージとは随分異なります。彼は木材を全て乾燥させてから材料として使います。漆もオイルも蜜蝋も植物の樹液。いのちの体液とするならば、それを取り除き一度眠らせて、その間に刻み、削り、また体液を戻し、今度は道具としての再び生き返
『漆について』の画像

あっという間に12月です。今年4月にオープンしたhet Lbo atriumでは、たくさんの素晴らしい出会いに恵まれました。ひとつひとつ展示を終えるたびに、少しづつ思うカタチが見えてきたようでした。12月は、この後、鹿児島から素敵な作家さんをお迎えして展示が始まりますが、
『クリスマスマーケットin het Labo atrium』の画像

↑このページのトップヘ