het Labo atrium @中庭のテーブル

het Labo atrium(ヘットラボ アトリエム)は、notiti(ノティティ)とhet klein kabinet(ヘットクレインキャビネット)が提案する「もの」「こと」を紹介するオルタナティヴスペースです。ここでは私たちの日々の発見や、お知らせを綴っています。www.hetlaboatrium.info

het Labo atrium @中庭のテーブル イメージ画像
西新宿のビル群のほとりにある小さなスペースから

August 2016

ヨーロッパでは夏といえばバカンス。夜遅くまで夏を楽しむイベントがいっぱいです。notitiのもうひとつの拠点ローマ。そこから140キロ、ナポリとの中間地点の街Sant'Elia Fiumerapidoで、夏の音楽フェスティバルが行われました。住人のためのカジュアルなフェスティバルで
『夏の夜に』の画像

ギャラリーや美術館では、作品を鑑賞する以外に、ひといきついたり、ゆっくり考えごとをするために足を運ぶことがありました。どこもそれほど混み合うこともなく、ひとりで訪れても程よい孤独をたのしむことができました。天井が高くゆったりとした大きな倉庫跡、以前は富豪
『日常にほど近い非日常』の画像

ベルギーのオランダ語圏では、オープニングナイトとか、ギャラリーナイトと呼んでいましたが、フランス語圏では、ベルニサージュといっていたように記憶しています。それは木曜日。数ヶ月おき、一斉にギャラリーが新作展示のオープニングを迎える夜がありました。アントワー
『オープニングの夜』の画像

オーナーは、歯医者さんです。今は引退されましたが、女性の歯医者さんは開業当時それほど多くはいなかったようです。年若かった彼女は、自分の初めての歯科医院のために、この什器を買ったそうです。小さな抽斗がたくさんついています。大理石のトップに立ち上がりの一部に
『最初は薬棚』の画像

↑このページのトップヘ