het Labo atrium @中庭のテーブル

het Labo atrium(ヘットラボ アトリエム)は、notiti(ノティティ)とhet klein kabinet(ヘットクレインキャビネット)が提案する「もの」「こと」を紹介するオルタナティヴスペースです。ここでは私たちの日々の発見や、お知らせを綴っています。www.hetlaboatrium.info

het Labo atrium @中庭のテーブル イメージ画像
西新宿のビル群のほとりにある小さなスペースから

July 2017

2017年の夏は、予報どおりにあつい日々そしてゲリラ豪雨となかなかにドラマティックです。ヘットラボアトリエムは、今年の1月のプレオープンから少しづつ歩みを進めてまいりましたが、その頃は、幹のみだった樹木が青々茂って看板を彩っています。7月の展示も無事終わって、
『8月は夏やすみ』の画像

今週末、土曜日29日はPatrick Gerola Exhibitionの最終日です。オリジナルブレンドやスタイルのあるフレーバー、コーヒーとそれを楽しむ時間を創造するユニットBROWN'S。この展示のために、ベルギーを感じるフレーバーを考えていただきました。ベルギーといえば.....。14時か
『Coffee Hour』の画像

un jour....manneken pisのひとつにつけられている作品の名前です。ワゴンをパトリック自ら運転してセッティングのために、丁寧に運ばれてきました。真っ白な空間にmanneken pis。ブリュッセルのにぎやかな街角から遥かはなれたラボでたたずむ姿は何か考えているかのよう。パ
『un jour』の画像

神楽坂の日本家屋をアトリエに制作するパトリック・ジェロラ氏は、個展技法のアフレスコを独自の手法に昇華させて平面や立体を彩ります。モーリス・ベジャールの舞台美術のアトリエで仕事をしていた彼にとって表現は平面立体を超えているようです。今回、ヘットラボアトリエ
『Patrick Gerola exhibition』の画像

ヘットラボアトリエムでは、ずいぶん前から展示の計画を立てていますが、今回、ご縁があって、急遽展示が決まりました。ラボにも深いご縁のあるベルギーの作家ですが、日本とベルギーを拠点に活動されています。どんな展示になるのでしょうか?ぜひ、お立ち寄りください。Pat
『7月にラボでは。』の画像

↑このページのトップヘ