IMG_4281
今回展示している作品の制作技法は、キルンワークとホットワーク。
キルンワークワークは、石膏型に細かいガラスの粒を詰めて焼成するもので、ホットワークは、吹きガラスのシーンでよく見られるような、熱したガラスの塊どうしを接着させるなどして 成形していくそうです。いろいろな技法があるものですが、そのプロセスでも最後の仕上げで、全く表情を変えています。それもガラスの魅力のひとつだと、作品をみると感じられます。

Memory on Odunpazari
2017/11/10(fri) ~ 11/26(sun)
15:00 - 20:00 (mom-fri) 13:00- 19:00 (sat sun holiday)
OPENING RECEPTION 11/10 18:30〜
*水曜日休館 最終日は17:00まで