今回の内装は、バジェットの関係もあって、自分たちでもチャレンジしています。
すぐれたペンキや、取り組みやすい漆喰材もあって、なんとかカタチになったようです。
ある壁は、デキシーブルーという名のちょっとグレーがかった水性塗料を試してみました。
漆喰もコテで大胆に。途中から大きな絵を描くような感覚にもなったりして。
本来の漆喰とは違うもののようですが、マチエールが出しやすく扱いも容易でした。

ローマでもアントワープでも、みんな自分たちでペンキを塗ったりするのは珍しくないのですが、
だいたい、石やレンガなのですこし勝手が違います。
今回つくづく日本の家は紙と木でできているのだなと思いました。
それに似合ったリノベーションも素敵だと思って、ドアや壁紙の一部は、古い紙を生かしたまま。
途中から作品を仕上げている気持ちになっていました。


IMG_2871
IMG_2410