het Labo atrium

het Labo atrium(ヘットラボ アトリエム)は、notiti(ノティティ)とhet klein kabinet(ヘットクレインキャビネット)が提案する「もの」「こと」を紹介するオルタナティヴスペースです。ここでは私たちの日々の発見や、お知らせを綴っています。www.hetlaboatrium.info

het Labo atrium イメージ画像
西新宿のビル群のほとりにある小さなスペースから

artist

4月2日から、個展「reliefs」が始まります。アリアンヌはマルセイユを拠点に活動するフランス人。写真やインデアンインク(墨汁)によるドローイングで制作を続けています。お父様の仕事の関係で様々な国に幼少期から暮らして、特に中国には縁も深く、作品に色濃く影響を受
『アリアンヌ ブルトン・ウルク』の画像

多くの方にご覧いただくことができた、「レモンパイはメレンゲの彼方へ」〜girl's best friendの展示でした。参加者の作品について。bis cuit (二度焼く)ビスケットの語源だそうです。自分にとって好ましい焼き加減とかたちのビスケットは何かの時に励ましてくれる存在。 
『ビスケットでご機嫌』の画像

多くの方にご覧いただくことができた、「レモンパイはメレンゲの彼方へ」〜girl's best friendの展示でした。参加者の作品について。夏湖さんは、自分らしい選択といっていました。透明感のあるゼリーは子供の頃からの憧れの対象。ケミカルな見せかけのフルーツらしさでも、
『爽やかなゼリーは信用できるのか?』の画像

多くの方にご覧いただくことができた、「レモンパイはメレンゲの彼方へ」〜girl's best friendの展示でした。参加者の作品について。建築家のお父様から譲り受けた資材サンプル。もてあましながら保存されていたたもの。今回はそれを使って創り上げられた松田瑛里子の作品で
『星を数えながらジャムを食べる』の画像

{私たちは、あまり知られていない海外の作家も積極的に紹介していきたいと思っています}ニナが仲間と作ったショートムービは、儚 ない夢のよう。「蝶の葬式」 。自由に美しい蝶には標本箱に繋ぎとめられる死よりも、灰となって風に紛れて行くほうがふさわしい。ニナは、美し
『ニナのイマジネーション』の画像

↑このページのトップヘ